特定非営利活動法人 つくしん棒 団体概要 お知らせ 日記 KIZUKI お問合せ
活動報告
学ぶ
2016.8.29
YUMEITA(ゆめいた)が完成しました。
良い山をつくるには「間伐」が必要!

良い木材にするためには「間伐」が必要!

でも

切り捨て間伐ではもったいない!

間伐材を使い捨て利用ではもったいない!


もったいない!!から始まった YUMEITAプロジェクト

間伐材を恒久的に使う仕組みづくりが始まりました。

間伐材を大切に使う仕組みが始まりました。

どんな仕組みか?と言うと・・・・・

小学校の机の天板の上を覆う脱着式学習天板(YUMEITA)です。
入学と同時にYUMEITAが与えられ自分だけのオリジナル学習机づくりを行います。
YUMEITAと一緒に進級します。
卒業時は、自分だけのYUMEITAを記念品として持ち帰ります。
こうして、間伐材を恒久的に、しかも大切に使う仕組みを考えました。

さらに・・・

脱着機能を使って、

YUMEITAの裏面には

入学時点での「しょうらいのゆめ」や「目標」や「身長」
などをを記入します。
毎年、進級時に「目標」やその時の「身長」など、
その時々の記録を残します。
卒業時には、1年から6年間の足あとが残ります。
どれだけ「字」がうまくなったか。
どれだけ「背」が伸びたか。
卒業時点の「将来の夢」など、世界に1つしかない自分だけの机が完成します。

間伐材を、夢の記録、成長の記録とともに大切に保管する仕組みです。


YUMEITA® 特許出願中

【Photo Gallery】

Page UP